腰痛 整体 出張 腰痛救急センター

産前 産後 腰痛 ぎっくり ギックリ腰 坐骨神経痛 腰部椎間板ヘルニアなど 腰痛救急センター

HOME > 産前・産後の腰痛や恥骨の痛みについて

産前・産後の腰痛や恥骨の痛みについて

「妊娠中から腰痛がありましたが、出産後も症状が変わらない!!」

「骨盤の中心あたりにツマルような痛みや、恥骨の痛みがある!!」

「妊娠してから腰が痛くて家事ができない!!」
「仰向けに寝ると腰が痛くてツライ!!」など・・。

赤ちゃんがいるママさんに多いお悩みですね。

妊娠中はホルモン、筋肉、靭帯や骨格のバランスが特に崩れやすくなります。 また、最初は腰痛だけだったものが、背中や首、肩そして股関節も痛くなったり、 授乳や夜鳴き、抱っこなどでママさんの肩や首、背中もツラクなり疲労も溜まりますね。

Q なぜ、妊娠中に腰痛や恥骨の痛みが起こるのでしょう?

◆母体にはリラキシンというホルモンが 妊娠中に分泌されることで、骨盤周辺 及び全身の靭帯に緩みが起こります。

妊娠中は子宮が大きくなりお腹もあわせて大きく なることで腰椎(腰の骨)が前傾に傾きます。 (いわゆる反り腰)するとお腹の中の腰椎に 付着している大腰筋や背中にある 脊柱起立筋に無理な負荷がかかり硬縮する ので痛みを感じるようになります。

妊娠中のママさんの体重は日々増えていき ますが、それとは反対に運動不足のため全身の筋肉は衰えていきます。 そのために骨盤はいろいろな負荷を受けて歪んでしまいます。そして、あなたの体重を筋肉で支えきれなくなり、ホルモンの影響で緩くなった骨盤に 直接の力がかかってしまいます。

骨盤は仙骨と腸骨の間の仙腸関節や恥骨結合の周辺を中心に歪みますので仙腸関節周辺の 靭帯や筋肉に痛みを感じるようになります。

恥骨は軟骨で結合していますので仙腸関節(腸骨と仙骨をつなぐ関節)を中心に骨盤が歪む ことで、腸骨のねじれにより恥骨結合の部位が引っ張られたり圧力が加わることで、 軟骨が損傷したり離開して痛みを感じるようになります。

また妊娠中はお母さんのお腹が大きくなり恥骨上部に付いた腹筋が引っ張られ、 恥骨上部に痛みを感じる原因にもなります。

Q なぜ、産後に腰痛が起こるのでしょう?

◆原因は様々あると思いますが、妊娠中から 産後6ヶ月にかけてリラキシンという ホルモンの影響で骨盤の筋肉や仙腸関節 周辺の靭帯はとても緩んでいます。

その為に、出産時にすでに骨盤が歪んでいる場合もありますし出産される時にママさんの 骨盤の靭帯の状態にもよりますが骨盤が小さかったり、赤ちゃんが大きかったりすると 骨盤に負荷がかかり骨盤がユガミながら広がり ます。

歪んだ骨盤は自分自身では戻りませんから、そのことで筋肉組織に緊張状態が常に与え続けられることになります。

その様な状態で赤ちゃんの世話や夜中の授乳 などで肉体的にも精神的にも多大なストレスを 自律神経や筋肉組織に与えることになり、そのことでますます腰痛がひどくなります。 また、ママさんは赤ちゃんに授乳する時に無理な姿勢を続けることも多くなりますので、 ますます腰痛が悪化する状況にもなります。

腰痛救急センター(からだ・コンディショニング)では産後腰痛でお困りのママさんに 対しては、仙腸関節がある腰部と骨盤周辺の筋肉部位や股関節、大腿筋肉に独自の優しい アプローチを施し緊張している筋肉部位や自律神経(副交感神経)に働きかけます。

腰部の仙腸関節周辺の靭帯や筋肉の血液の流れが改善し、股関節、大腿筋肉緊張を 緩ませます。 すると仙腸関節周辺の靭帯や筋肉の新陳代謝が活発になり腰痛が少しづつ改善します。

また、全身の調整と骨盤の調整も行いますのでお体のユガミも改善されていきます。 そして、 ご自分で椅子に座って出きる簡単骨盤調整法もご指導させていただきます。

骨盤はいちど調整をすれば2度と歪まないということはありません。ご自分で簡単に骨盤調整を行うことが出来れば、それを行うことで常に骨盤が正しい状態に維持できるようにお体が改善されていきます。

骨盤矯正について

骨盤矯正というものは、治療家まかせではなく、ご自身での自助努力がなくして改善は 難しいのが正直なところです。
整体にて腰部、骨盤周辺及び大腿筋、股関節周辺の筋肉を調整すること、そしてご自身での 骨盤ストレッチを行うことが持続させることになり一番良い矯正法になります。

まず、腰痛の原因となっている筋肉部位の調整を行うことで血液、自律神経やリンパの 流れが改善し、それにより仙腸関節周辺の靭帯や筋肉が柔軟性を取り戻し仙腸関節が 整い骨盤の歪みが改善していくようになります。
そして、自己ストレッチを行い骨盤周辺や大腿筋内側の筋肉を鍛えることが必要です。

※腰痛救急センター(からだ・コンディショニング)では骨盤ストレッチの方法をアドバイスしておりますので、整体と併せて自己ストレッチで大切なお体をケアされていただければと思います。

ご質問と、お体の状態のいろいろ

Q・産後の腰痛や体の辛さはどのくらいで治りますか?

お答えとしましては、申し訳ありませんが、何回で改善されるかは、個々人のお体の状態に よって違います。
1回で体の変化を感じられる方もあれば、お受けになるたびに少しずつ体に変化が表れて 改善されていく方もいらっしゃいます。
改善が遅い方もおられますが、お体は確実に改善されていきますので、あきらめないでください。
また、このようなご質問を多くの方に聞かれますので、下記に色々なお体の状態などを記載 させていただきましたので、産後のママさんだけではなく、一般の方々にも通じるところがあり ますので、ご参考にしてくださればと思います。


1.お体の歪んでいた年月が長い(子供のころからお体が歪んでいた)
子供の頃から脊柱側湾症と言われていた場合は、骨盤も子供時代から歪んでいた場合が 多く、肋骨の形も左右で違います。 X脚やO脚の人も、ガンコな場合は改善に時間がかかります。 このような方は、大腿筋肉や骨の形成が出来上がっている場合も多く、股関節や大腿筋肉の 調整も大切になります。
全身の歪みも大きいはずですから、産後腰痛の改善だけではなく全身の歪みも改善していく おつもりでお考えになられた方が今後のお体のためにもよろしいと思います。

2.左右の筋力差が大きい
背骨が歪んだまま筋肉を鍛えた人は、左右の筋肉の強さが大きく違っていることがあります。 すると、いくら背骨や骨盤を整えてもズレが戻りやすくなります。 バランスを整えるストレッチなどを併せて、整体をお受けになりお体を楽にしていくつもりで お受けになっていただく心構えをお持ちいただくとよろしいと思います。

3.歪みが大きく複雑で全身に歪みがある
  お体全体に筋肉のバランスの崩れが大きいので、全身の筋肉の調整が必要です。 背中から首にかけて複雑に歪んでいると、肩凝り・慢性頭痛・膝の痛み、手の指先の痺れ なども起こります。 このような方も長年に渡り、今のお体の状態で出来上がっていますので、少しずつお体を 変えていくつもりでお体のケアをされたほうがよろしい方です。

4.骨盤を歪ませる良くない姿勢や動作を頻繁にとる
女性の場合は、横座りやペタンコ座りを無意識のうちにしてしまう人、椅子に座ると 足を組む癖がある人は骨盤が歪んでいますので、組まないと疲れるので無意識に 組んでしまいます。 オートマ車を長時間運転する人、物を拾う時に足は開いて両膝を付けてしゃがむ人、 右手で物を拾う時に右足を前に出すのが習慣になっている 人、このような人も骨盤が 歪んでおりズレが戻りやすいですね。

5.小学生時代の運動不足
身体作りにとても大切な時期に、通学時間が短かった人、しかも外で遊ぶより 座って、遊んだり習い事をして育った人は、足腰が弱く赤ちゃんを抱いて自分の体を 支えるだけの筋力を持ち合わせていない場合があります。 中学高校でどれだけスポーツを頑張ったかより、女性の育ち盛りの小学生の時に毎日 どれだけ運動したかで、身体の基礎作りの具合が全く違うようです。

6.身長が高く、筋力が弱い
身長が高い方は背骨や骨盤を支える筋力は、その身長に見合うものが必要です。 背が高くて筋力が弱いとまたすぐに骨盤は歪みやすくなります。 ほっそりした女性の場合は、筋力が弱く腰椎周辺の筋肉が硬くなっている方や、 猫背の方が多く首や肩、背中の凝りやハリも多く言われます。 体が硬い方が多いのでまずは腰の自己ストレッチを併せていくことで、改善が 早くなります。

7.上半身が大きく腰まわりが細い
肩幅が広く上半身が大きい人は重い上半身を支える腰の筋力が伴わないお体の場合が 多いです。 腰まわりは細く筋肉が常に緊張した状態が続いているので、骨盤周辺や腰部の筋肉が硬く なっています。
骨盤の歪みを調整しながら筋力アップが必要です。

8.高齢での出産
40歳近くで出産されて、更年期にさしかかりお体の調和が乱れている場合は、自立神経を 整えていくことも必要です。
当院の整体は、自立神経(副交換神経)を整えることが得意の整体です。

9.産後年月がたってから整体などを始めた
恥骨が痛いまま5年とか10年以上経ってから依頼をされる方がいらっしゃいますが、 産後はなるべく早くお受けになるのが改善の早道です。
恥骨痛も骨盤の歪みを正していけば改善されていきます。

10.家事や育児の負担が大きい
誰も家事・育児を手伝ってくれる人がいないママさん。 整体で歪みを整えても、すぐに子どもを抱っこして家事に追われてしまうママさんは、 良い状態で落ちつく時間が少なくなります。 全ての家事・育児を育児疲れのママ一人でこなすのは大変だと思いますが、何もケアを しないと自律神経のバランスも崩れ、筋肉が硬くなり、お体はもっと辛くなるというような 流れになります。
少しずつでもお体を調整して歪みや育児疲れを楽にしてご自分のお体を大切にしてあげてください。

11.お体の栄養状態がよくない
出産後、血中のたんぱく質やカルシウムがとても低くなっている場合は、お体の回復力が とても落ちていますので、改善が遅くなります。

12.いかり肩、なで肩
その人により体の作られ方がいろいろあります。 いかり肩やなで肩の方は常に背中の筋肉組織のバランスが違っているため肩こりと縁が 切れませんが、少しずつでも整体をお受けになり筋肉の調整を施すことが常にお体を 楽にしていくことになります。
左右の腕の重さが違う人、歪みが全く無いのに片方の肩だけが下がっている人、 高い枕を長年使用している人、このような方も常に肩甲骨や背中の筋肉が緊張状態に なっていますので、首や背中、肩がつらくなります。

高い枕を好まれる方はまず、整体で首や肩、背中の緊張を改善していくことで、徐々に 低い枕に慣れていくようになります。
そして、お体は楽になっていきます。

お体は、常日頃の、ケアで変わっていくものです。

ご自分のお体といつも向き合って大切にしてあげてくださいね。

 

腰痛救急センターへの各種お問い合わせご相談はいつでもお気軽に

PageTop

■サイドバナー■

腰痛メニュー

事業概要

腰痛救急センター

電話:080-6564-4758

メール:こちらから送れます



■携帯サイトQRコード


■ブログQRコード




HOME - 腰痛について - お客様の声 - プロフィール - 骨盤矯正 - よく頂くご質問

ある日の回復記録 - リンク - 事業概要 - お問い合わせ - サイトマップ